コンタクト 目薬の選び方

コンタクト 目薬の選び方

コンタクトをしていると、目が乾くという事があります。もちろん個人差もありますし、コンタクトの素材によっても目薬の必要性は変わってきます。コンタクトをしている人は、コンタクト専用の目薬を使うのがおすすめです。なぜコンタクト専用目薬が必要なのか、普通の目薬とは何が違うのかを説明します。

まずコンタクトにも目薬にも種類があります。コンタクトをしていると目が乾きやすくなる傾向がありますが、この時眼科で処方された物でも、点眼する時はコンタクトを外してから点眼するよう指示される事があります。医師が処方してくれる物でも、コンタクトを外して点眼する方がいいと言われる事もあるのに、その一方で市販の物を使う場合、パッケージにはコンタクトをしたまま点眼してもOKと書いてある物があります。

このようにコンタクトをしている場合でも、コンタクトの種類、点眼薬の成分や種類によってそれぞれ使い方は異なります。面倒に感じる事もありますが、目の安全を考えるなら、それぞれの指示に従うのが一番でしょう。もしも間違った使い方をしてしまうと、思わぬトラブルを引き起こす事もあるので十分注意してください。

医師から処方してもらうコンタクト 目薬については、医師や薬剤師から指示がありますので、それに従います。市販の物を購入して使う時は、使用説明書が付いているので、必ず説明書に目を通して、正しい使い方を確認してから使いましょう。

コンタクトを初めて使う人の場合、コンタクトをしている事でドライアイになったり、ドライアイまで行かないものの目が乾きやすくなったりした場合は、念のため眼科に行って目を見てもらい症状に合った物を処方してもらうのが安心です。この時市販の物を選ぶ時は、どんな種類を選べばいいか質問しておくと安心です。ドライアイ以外にアレルギーなどがあるようなら、医師に処方してもらった目薬を使う方がいいかもしれません。

コンタクトにはソフトレンズとハードレンズの種類があって、種類によっても必要性は変わってきます。一般的にはハードレンズの方がドライアイになりやすいと言われていますが、これも個人差があるので絶対というわけではありません。

目薬も種類があって、配合されている成分も異なります。コンタクトをしている場合は防腐剤が入っていない物を選んだほうが安心だとされていますので、配合されている成分、コンタクトをしたままでも点眼できるのか、外してからの点眼なのかをきちんと確認してください。

INFORMATION

2016年11月28日
ホームページを更新しました